検索
  • yamneman

ガラス越しにみえるもの


藤本咲さんの個展

ふゆ と なり

後半がスタートしております。

今回のタイトルは「冬隣」からの派生で、

藤本さんが考えてくれました。

そこから

ふゆとなり

冬と成り

ふゆ と なり

まさに、冬はすぐそこ。

11月に入った瞬間、一層寒さの増す京都です。

季節の変わり目と、展示会のテーマぴったりハマりました。

急に寒くなったり、季節の変わり目だから、心身共にバランスを崩しがちな今。

なんだろう、心も少し落ち着かないのか、私も含めて少しそわそわ、落ち込みやすかったり、悩みやすかったり、良い動きも悪いお知らせも、なんだか色々とある気配。

yamneには本当に色んな方が来てくださって、作品をただ見てもらうだけではなく、色々お話ししながら、ゆっくりじっくり一緒に作品をお選びさせていただくのですが、

最近は少しお悩みの方も多く感じてて、そういうのも含めて、藤本咲さんのガラスがすんっと心に沁みてくださっているようで

お見送りするときには、来られた時よりお顔が少しスッキリしてるように感じます。

なんだろう、このパワー。

決して派手ではなくて、強く何かを訴えている訳でもない。

ただただ純粋で美しくて、愛らしい。

人も、ものも、こういうことかな。

だから、人と繋がるのも、ものを見るのも、やめられまへん。

奈良のヴィーガン焼き菓子専門店somiさんにご協力いただき、藤本さんのガラスの器を使って一日喫茶も開催しました。

秋の味覚がたっぷりな美味しいスイーツ。

色とりどりの器。

止まらないおしゃべり。

楽しい時間をありがとうございました。

藤本咲さんの個展は11月6日(火)まで。

普段は火曜定休ですが、珍しく営業しますので是非お越しください。


92回の閲覧