検索
  • yamneman

ぎゅっと。


埼玉県の陶芸家、鳥居明生さんの個展開催中です。

“陶のかたまり”、150点がずらりと並んでおります。

どこれもこれもかっこ良すぎて鼻血出そう。

選ぶ基準も人それぞれなのが面白い。

真剣にかたまりを選ぶ皆様・・・

なんとなくシュールな図になる。

今回ボトルもございます。

ついに用途のあるものを。。。!と思ったけれど、これはこのままで成り立つかっこよさがあるから作られているそうです。

というわけで、やはり用途はなかったんだけど、やっぱりそういうところがかっこいい。

中までしっかり好きだ、、、覗き込んで見て欲しいです。

モランディぽいの。

好きなものはたくさんあって、同じ人間なのに自分でもおかしいな〜と思うこともある。

それでもその好きはいつも本物で、純粋なもの。

鳥居さんの作品を初めて見たとき、瞬間的にビビビと衝撃が走った。

好きなのもを決断するジャッチは早い方だと思う。

悩むものはきっと違う。

この“かたまり”を作り続けている鳥居さん。

一見とてもとんがってるように感じるけど、中身がぎゅっと詰まっておおらかで優しい。

人も物も、そういうものが好きで、私自身もそうありたいなと思ってる。

石や、錆びた金属や、朽ちた木片、ガラクタとか、そういうものが好きな方は是非見て欲しいです。

自然に作られたものじゃなくて、人工的に作られたものなのに、見れば見るほどユーモアと愛に溢れた、とても伝わってくるものがあります。

12/10(月)まで。


52回の閲覧