検索
  • yamneman

ハレとケのあいだ延長します


2月の始まりとともにスタートしました。

yamneの3周年記念展(?)。

【ハレとケのあいだ】

ハレの日でも

ケの日でもない

昨日も今日も、その先も続いていくもっと“あいだ”のアクセサリー。

花背WARA

http://hanasewara.com

「温故知新」

が好きだという作家さん。

まさにその言葉の通り、

今回の展示会用に、、、

happiness wara doll

を作ってくださいました。

これは、本当に実物をご覧いただきたいです。

固定概念ぶち壊して、新しく美しいもの。

これからの私に響く作品に、見た瞬間に太ももまで鳥肌が立ってしまいました。

涙や。。。

konpeki

https://konpekikonpeki.com

彫金作家、konpekiさん。

初めて見たときから、どこにも見たことのないデザインの力強さに衝撃を受けました。

悔しいくらいにかっこいい。

この世界を作れるkonpekiさんが羨ましい。

そして、今、嫉妬しながらも作家さんのお人柄にもどんどん惚れ込んでいます。

作品と人は繋がってる。

それを私なりの表現でご紹介したいと思った。

最後は彼女。。

佐々木響子さん

https://www.instagram.com/sasaki_kyo7/?hl=ja

yamneを始める前のお店のころから、ずっとお客様として来てくれてた佐々木さん。

いつも作品を沢山見せてくれて、いつかyamneでご紹介させてもらいたいな〜と思っていたのでついに、、、!

まっすぐに純粋で美しい作品は、彼女自身を投影しているようです。

漆と自然の織りなす美しい調和を彼女なりに模索して、表現されています。

おこがましくも、私はずっと見届けていたい。

そんな気持ちにさせてくれる作品ばかりです。

今回この最強に愛すべき作家さん3名にご参加いただいています。

なんて心強いのだろう。

そしてなんて幸せなんだろう。

この期間をもう少し、延長させていただくことになりました。

18日(月)までの開催となりましたので、また明日からどうぞお付き合いお願いします。

安達知江 個展

「ふと、溢れる」

2月21日(木)〜3月4日(月)

作家在店:23日(土)、24日(日)は夕方頃まで

安達さんの作品を見ていると、いつもふわっと笑みがこぼれてしまう。

愛らしく、言葉を発さなくとも、そこにある物語を読んでいるような気分に。

今回は所々にいつも持ち合わせている安達さんのユニークさをもっと見ていただきたくて、

「ふと、溢れる」

というタイトルを付けさせていただきました。

「ふと」

様々な気持ちを、ゆったりとしたガラスのオブジェたちとの時間を愛でにいらしてください。

le vestiaire × yamne

2月26日(火)27日(水)

12:00〜20:00

フランスから今年も来てくれます。

今回都合がつかず、安達さんの個展の最中ですが普段は定休日のこの2日間のみ古着屋さんに変身します。

今年はどんな古着が来るのか、楽しみ〜〜〜。

ちなみにバイヤーご本人は26日のみ店頭に立ってくださいますので、そちらを狙って来るのがオススメ!

どうぞよろしくお願いします。


75回の閲覧